2018年11月29日 (木)

師走にむけて

こんにちは、所長です。

いよいよ師走です。

弊社も相当ばたばたしてきました。

風邪もはやっているので、社員も大変そうです。。

50代の社員は体にがたはきていますが、

根性がすごいです。

20代は体は健康ですが、

心が弱いです。(笑)

社会現象ともいうものですが、

ジェネレーションギャップという一言ではかたずけたくはないですね。。。

お客様と相対する立場としては、やはり

50代の感性が正しいといえます。

「教育」いう言葉でいいのか、「気づき」を与えるという言葉でいいのか。

やる気があっても間違えた方向にいかないようにしないと

ばたばたしてしまいます。

「上をたてる文化」は古いですが、日本人のとても大事な感性です。

「ハードル」をこえる喜びをわかる経験が少ない若者に

何かを気づかせてあげたい今日このごろです。(笑)

2018年11月 9日 (金)

情報過多における自己判断

さいきん、情報が多い世の中で判断するむずかしさを感じます。

インターネット、SNS、友人との会話、居酒屋の会話、

テレビなどの情報。

情報というものは、「データ」と違い、恣意性が入っています。

伝える人の目的によって、解釈が変わります。

情報過多の時代には、正確に自分で適正な判断できるように

日々、自分でもある程度の訓練をしておかなければ、

容易にだまされてしまうなどのリスクがあります。

特にほしいものがあるときに、そのものが目の前にでてくると

注意不足になったりします。

油断大敵です。

自己判断をしていく訓練をしておいたほうがいいですよね。

2018年9月28日 (金)

カレーライス

こんにちは。理事長です。

来週、新入社員に「カレーライス」をつくる企画を考えています。

テーマは、「チームワーク」です。

「チームワーク」。昔の世代は当たり前の言葉。

今の若年層には、難しい言葉のようです。。。

「ガンバレ!!」としか言えませんが、

身につけてほしいところです。

2018年8月31日 (金)

もくもくタイム

いま、弊社では「かえる君」プロジェクトが実施されています。

「かえる君」とは、早く帰るということです。

仕事とプライベートを両方充実して幸せな生活を創造していきたいという

思いです。

そのなかで、「もくもくタイム」という時間が設定されました。

とにかく黙って、集中して、作業に取り組む。

みんなの意識改革がもちろんキーになりますが、

ひとつずつ、改善を進めていくことが大事です。

弊社もいつの日か、みんなに目指される会社になりたいと思います。

2018年7月31日 (火)

働き方改革

こんにちは。所長です。

働き方改革宣言をしてはや4か月。

改革は、物理的な改革と意識的な改革があります。

物的に改革するのは案外簡単ですが、意識改革は非常に難しく

時間がかかります。

中小企業の寿命は案外短く

寿命を超える企業はほとんどありません。

つまり、短い期間でいかにやるかです。

特に「忙しい」「うちには無理だ」「うちには関係ない」と

いう人には絶対に成し遂げられないと思います。

「いいわけ」を見つけずに推進していかないと「成長」しつづけられないと

思います。

「やる」のみですね。

成功している企業がある限り。。。

2018年7月 2日 (月)

採用・教育・成長

 最近、採用がうまくいかないという話でもちきりです。

ところが、先日受けた研修で、日本の中小企業は採用に力をいれすぎて

教育制度が全然ないという話をききました。

 まさにそのとおりですね。

 いろいろな業界でも、新しい人を取り入れる動きは活発です。

ところが、その新しい人に対するフォローはまったく薄いのが

現状でしょうか。

 「釣った魚に○○をあげない」

まさに全員で改善すべきですね。

親のような気持ちですかね。。。

企業の成長は人の成長なくしてないですよね。

昔とちがって社会が育ててくれることは少ないですね。

企業の努力が大事な気がします。

2018年5月29日 (火)

採用について

このまえ、ある研修を受けてきました。

大事なのは、採用ではなく、そのあとの教育、フォローであると。

もちろん、そうですよね。

人は生き物であり、感情があります。

ロボットのように定期的な動きではなく

感情に左右されて動きも変わってきます。

やる気、本気の人間がいると会社の雰囲気もかわってくると思います。

経営者になってあっという間に12年たってしまいましたが、

「楽しくて、活気があり、誠実な会社」をつくっていきたいと思います。

それにしても

大学生の採用面接は本当に楽しい仕事です。

未来がたくさんある若者から刺激をもらっていきたいと思います。

2018年5月10日 (木)

配置転換

こんにちは。理事長です。

弊社では、毎月席替えをします。

机を整理する

気分を一新する

新しい仲間と話す環境をつくる

頼りがいのある先輩を横におく

いろいろな思いがありますが、

ぼくが一番嫌いな言葉は

「前年踏襲」。

変化もなく、思考停止。

新しいアイディアを常に考えないと

この時代の変化に対応できない気がして

いつも焦っています。(笑)

みなさん、この時代もそうですが、

先人たちのように、いろいろな時代をのりきっていきましょう!

2018年4月17日 (火)

研修制度の導入

ワークライフバランスという言葉が非常にとりあげられるように

なりました。

この課題に取り組むときに大事なことは「効率化」です。

ただ単に、緩めていくことは、会社の滅亡を意味します。

日本人が不得意である、「効率化」。

機械による効率化は世界でもトップクラスかもしれませんが、

人の効率化は本当に遅れていると思います。

この問題は、教育、国策などいろいろな原因からきているものと

認識していますが、企業にとっては、原因は関係なく

とりくまなくてはいけない最大のテーマになってくるでしょう。

弊社でもいろいろな「効率化」にチャレンジしていきますが、

新しい研修制度を導入することにしました。

これは、全社員が一つの研修課題を共有し、全員が

見えるテーブルの上で、課題を一つずつクリアしていく制度です。

研修している人も自分が何個クリアしたかが明確にわかり、

自分の目指すところ、また、部下の進捗状況の管理も一目瞭然です。

「楽しい会社」と「のびる会社」と「儲かる会社」

全部追うことは命題ですが、まずは一つずつチャレンジしていきたいと

思います。

インターンも四月から社員になり少し目の色がかわってやる気になっている

ような気がします。

みなさんの成長を待ちたいと思う今日この頃です。

2018年2月23日 (金)

外国人の不動産取得について

今日、朝のニュースで、日本の領土である対馬が

外国人にどんどん土地を買われているというニュースを見ました。

いろいろありますが、その外国の観光客がいないと

過疎化が進んでいるこの島は経済的に成り立たないというのが現状のようです。

領土問題はどこの国でもありますが、、、、

日本も昔、アメリカをはじめとする外国の企業を買収をしまくっていたことを

思い出したほうがいいんだろうと思います。

あのとき、アメリカ人が感じていたものが、今の日本で感じるべきであろうと

思います。

そのうえで、国土を守るのであれば、官と民の協力をして

対応策を練るべきであろうと思います。

国の政策だけでは及ばない現場。

現場の議員と県と国と民間が一体となって

日本という国の将来を考えないと

ただの観光大国になるしかなくなるでしょうか。。。

«仮想通貨

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30