事務所運営

2023年12月22日 (金)

インボイス対応

こんにちは。理事長です。

いよいよ10月決算からインボイス対応決算がはじまりました。

社員もお客さんも大変です!!

この効率化の時代にどんだけ手間を増やすのかと思う法律ですね。

韓国のように完全ではなく、中途半端な法律により

現場は大混乱です。

税収ももちろん大事ですが、国民のことを真剣に考えて

特定の利権者だけがうるおうような現状を打破する政治家に期待するところです。

「中途半端」という感想です。

納税も大事ですが、使い方こそクリーンにしてもらいたいですね。

票の集まる個人ではなく、中小企業の税制をもっと改革すべきですね。

中小企業経営者もこれからは本気で改善を続けていかないとなかなか儲からない時代が到来しています。

がんばりましょう!

2022年11月30日 (水)

新人たちの苦悩

こんにちは。理事長です。

新人たちも4月に入社し、試験づくめ。大変です。

この業界も知識産業。勉強しないと売るものがありません。

働きながら勉強するのは大変ですが、すべて自分のためです。

頑張ってほしいですね。

勉強しなければただの近所のおじさんになってしまいます。

プロは適当に発言することは許されないからです。

先輩たちも通ってきた道です。

どの業界も最初は大変ですね。

ぼくも若い時を思い出します。

2022年10月 3日 (月)

外国人の需要について

こんにちは。理事長です。

いよいよ外国人の来日が期待される日が近づいてきました。

コロナ前の外国人の観光客の経済効果は4.5兆円だそうです。

すごい金額ですね。

ホテルもいよいよインバウンド向けに動きだしたようです。

日本人の人口は増えることはないので、少なくとも経営者は外国人の雇用と向き合わないと

ビジネスができなくなることは必然です。

みなさんで、固定概念にとらわれることなく

頭を柔らかくしてすすんでいきましょう。

 

2022年7月29日 (金)

健康経営

こんにちは。理事長です。

 

今月まで、社内及び、大同生命保険さんの取り組みにお世話になり、「ウォーキングラリー」という企画を開催しておりました。

 

最近、「健康経営」という経営手法が注目されています。

 

人材不足の現在、働いていただいている社員の健康管理をきちんとして、企業がその観点で投資することにより

 

社員が健康でいることが、結果、企業にメリットをもたらすというような感じです。

 

もちろん、国の方も高齢化にむけて、医療費が減少するようになど同じような方向を持っています。

 

弊社も健康経営をスタートし、自社ではとても運営が難しい企画を提供していただけれいるので

 

社員全員で登録し、歩く歩数を競うというものでした。

 

ちなみに僕の結果はビリでした。(笑)

 

チーム分けしてトップのチームには表彰します。

 

SDGSもそうですが、環境保護、資源確保、ジェンダーレス、インターナショナル化、テレビ離れ、世の中のDX化など、消費者としても

 

ついていくのがやっとの中、事業者としても時代に取り残されないように情報を発信していく立場として

 

気合をいれてアンテナをはっていきたいと思う今日この頃です。

 

2022年6月30日 (木)

ポストコロナに向けて2

いよいよ旅行客の受け入れがはじまりました。

日韓関係もあまりよくなかったように思っていましたが、円安も関係あると思いますが、

日本ブームがはじまっているようです。

国際化が進み、SNSで世界がちかくなり、日本は世界有数のおとずれたい国になっています。

もちろん、人件費は何十年もあがっておらず、アジアの中でも・・・・

昔の常識だけではなく、今の時流をつかまえて、日本の中小企業も常に変化を求められています。

海外の需要を取り入れたマーケティングも真剣にやっていきたいところですね。

弊社も国際部の収入が7年で20%くらいになってきています。

チャレンジしなければ収入が20%減少しているということですね。。。。

みなさん、変化についていくためには、頭を柔らかくするしかないですね。

僕も古いタイプなので、若い人の意見をたくさん聞きながらなんとか進んでいる状況です。

若い世代が注目しているSNS(ユーチューブ、TIK TOK、ツイッター、など)をみてみることも

大切ですね。

2022年4月28日 (木)

新人たちの思い

4月に何人かの社員と飲み会をしておもったこと。

ひとりひとり話しかけるとよくはなす。

結構考えている。

最近社員とは直接のコミュニケーションは、部長陣におまかせして、ほとんどお話しする機会はありませんが、ひとりひとり話していくと関係は深まります。

みんなの前で発言して引っ張るタイプは、現代にはすくないようにかんじます。

それぞれみんな優しいところをどのように縦につなげればいいのか考える機会になりました。

中間にいるみんなにひとこと。

とにかく、お話ししてなにがやりたいのか聞いてあげる。

努力させるがみててあげる。ほめてあげるが甘やかさない。

新人たちにひとこと。

上の人たちも案外シャイであるから、話しかけてみよう。

がんばったら、ほめてといってみよう。

縦、横つながって、空気づくりを意識して

いい会社をつくっていきたいですね!

2021年10月26日 (火)

アフターコロナにむけてインバウンドは大加速する

アフターコロナにむけて日本人が喜ぶ情報をゲットしました。

いま、世界中の人々がコロナが収束したら行きたい国→だんとつ日本 世界1位

世界中の人々が移住したい国→世界2位 ちなみにカナダが1位ですが、カナダ人の中では日本が1位

これほど素晴らしい国日本です。世界から見たら。

海外渡航規制がとけた瞬間海外からの消費者の軍団が日本にきてくれること確実。

そのときにやるべきは、、、、、、、、、、

何もしていない人は売上を上げられず、準備をしている人は売上を伸ばすこと間違いない外部要因ですね。

日本人は環境の変化が苦手な方が多いですね。

経営者にもその傾向は見受けられます。

このスピード感・実行力がためされる中、チャンスがとても転がっています。

点と点を結び合わせれば、面になります。自分の商売だけでなく、連携すればうまくいく。

これからは真剣に事業をともにするパートナーづくりが大切になってくるでしょう。

「歴史を重んじたとしても、固執はさけ、変化を楽しみ、手段がかわる」

本当にこれからもマーケットは日本にはたくさんありますね。

やる気のない人はいらなくなるかもしれませんね。。。。

頑張りましょう!日本の未来を明るくするために!

夢のある経営者になりたいですね!!

2020年7月31日 (金)

持続化給付金のあとで。

こんにちは。理事長です。

コロナの猛威はとどまりませんね。

はやくワクチンですぐなおるようになってほしいと切に願います。

経営者の方も持続化給付金で2か月くらいは少し気休めできましたが、まだまだ自粛は続いています。

対応するという言葉は、通常2,3か月に使うかんじですが、半年になりました。

まだ先行き見えないです。おそらく年末くらいまで、というかんじで思っています。

言い換えると、1年完全に休業して、管理費だけはかかっているということですね。

中小企業だけでなく大手も相当厳しい業種もふえてきてますね。

コロナの時期は「客先の転換・ニーズの発掘・考え方の変化・今までの常識からの脱却・強い意志・

サービスの転換・働き方改革など・・・」考える時期ととらえるしかないですね。

できることをやるだけやり、考え、コロナがあけたときにすぐにスタートできるように

第二創業の気持ちで強い気持ちが必要だと思います。

影響を大きく受けている経営者の心中は本当に大変だと思いますが、コロナ1年と考えて

まずは、前向きに行動していきましょう。

ピンチの後にチャンスありという言葉もあります。

「インターネット」に時代はかわっているのは大きな流れですね。

ITの活用なくして今後のビジネスの安定はないかもしれませんね。

国際も視野にいれないとかもしれません。

お客さんの気持ちになってインターネットを活用するところからはじめるのが

おすすめかもしれません。

 

2020年7月 1日 (水)

ガイアグループ新年度スタート

こんにちは。

今日からガイアグループ新年度スタートです。

 

ガイアグループも15年目にはいります。今までささえていただいた人すべてに感謝を忘れずに、

現役生活半分おりかえし。今までの失敗を経験として、新しく「いい会社」づくりに意識をおいて

組織をつくっていきたいと思っております。

「スピード」「誠実」「コンプライアンス」をベースに

お客様との「WIN WIN」が弊社の絶対的行動指針となっています。

新型コロナウイルスも脅威ではありますが、経営から見たらただの外的要因の一つにすぎません。

経営者の皆さまと「現状打破」「目標共有」をして、一緒に戦っていきたいと

原点にかえり、事業を発展させていく方向に舵をきらせていただきたいと存じます。

どうぞ、これからも更なるご指導・ご鞭撻よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2020年4月30日 (木)

テレワークとは

これから企業は、いままでの常識を何度も打ち破っていかないといけない時代になるでしょう。

日本人は「常識」という言葉が大好きです。

しかし、非常識から革新的なサービスが生まれ、新しい異端児から新しい技術は生まれてきていることも事実です。

人と同じことをやっていても儲けは生まれないのがビジネスの常です。

最初であればあるほど、リスクも高いしリターンも大きいですよね。

どちらにしても今までと同じ考え方ではこれからは厳しい世の中になりそうです。

「柔軟に」

「しなやかに」

頭を溶かして若い人たちのアイディアを取り入れていくのも今かもしれませんね。

これだけ、若い人にアニメが流行っているのに、ホームページにアニメをつかっている

ほとんど会社もないですよね。。

ぼくもどんどん若い人のアイディアを取り入れないとだめですね。

経営に答えはありません。

みなさん、この危機を乗り越えていきましょう。

長寿企業が多い日本なら大丈夫です!

 

より以前の記事一覧

2024年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31